『無免許運転』木下富美子都議への辞職強要とかいうパワハラ

無免許運転の木下富美子都議、活動継続を表明 議員報酬の寄付も報告

7月の東京都議選中に無免許運転で人身事故を起こし、自動車運転処罰法違反容疑などで書類送検された木下富美子氏(55)が9日、都議会で2度の辞職勧告決議を受けているにもかかわらず、議員活動を継続する意向を表明した。

真っ赤なドレス風ワンピースにダークグレーのジャケット姿で登庁し、約4カ月ぶりに公の場に姿を見せた。正午から都議会の正副議長と面会。その場でも辞職への考えを問われたが、辞職しない考えを伝えた。 面会後に取材に応じた木下氏は、被害者や都議会議員らへの謝罪の意を述べたあと、「都議会での2回の議員辞職勧告決議を重く受け止めているが、償うべきことをしっかり償った上で、失った信頼を回復することは大変厳しい道のりであることは覚悟しておりますが、1つ1つ、これからの議員活動の中で答えを導き出させていただければと考えております」と言及した。

3度にわたって議会などを欠席した理由には、体調不良を強調した。「選挙活動の期間から不眠、ストレスなどで体調が悪い状況がありまして、事故を受け、さらにその状況が厳しくなった。食べ物が口を通らない日があったり、手がつかなくてイライラや不安にさいなまれたり、寝ずに頑張ってしまうと高揚してハイテンションになるような、自分としても尋常でないような」と説明。

医療機関を受診し、現在も薬を服用していることなども明かした。 議員報酬については、7月以降に受給している3カ月分の約192万円を、すでにNPO法人などの団体に寄付したことを報告。月50万円(計150万円)の政務活動費は会派にいったんは支給しなければ、都に自動返納されることとなる。 さらに、この日は水道局からの質疑を受けるために公営企業委員会に出席予定だった。だが、その前に行われた同委員会の理事会出席時に、他の理事数人が公に謝罪しないままの木下氏の出席に対して異議を唱えて会場を去った。

各会派の出席がなければ理事会開催が成り立たない規定があり、理事会後の委員会も開催保留となる非常事態にまで発展。木下氏の行動が、さらなる騒動にも波及した。 木下氏は7月の都議選に小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の公認で板橋区選挙区で立候補し、再選。その後、事故を受けて除名処分となった。現在は自ら立ち上げた1人会派に所属している。【鎌田直秀】

https://news.yahoo.co.jp/articles/302dd3c17ec4ffee2614dab7e72cd800c00e5fbc

初めに言っておきますが私は無免許運転する奴なんてクソだと思うし、そんな奴首にしてしまえっていう意見も理解はしてます

じゃあ、何故その辞職強要がパワハラになるのかと言われれば、木下富美子都議への辞職強要は法律に一切則って無い感情論であり、退職強要してくるパワハラ上司と変わらないからです。

議員が退職しなければならないのは公職選挙法11条より

第十一条 左の各号に掲げる者 は、選挙権及び被選挙権を有しない。

 一 禁治産者

 二 禁こ以上の刑に処せられそ の執行を終るまでの者

 三 禁こ以上の刑に処せられそ の執行を受けることがなくなるまでの者(法律の定めるところにより行われる選挙、投票及び国民審査に関する犯罪以外の犯罪に因る刑の執行猶予中の者を除く。)

2 この法律の定める選挙に関す る犯罪により選挙権及び被選挙権を有しない者については、第二百五十二条((選挙犯罪に因る処刑者に対する選挙権及び被選挙権の停止))の定めるところによる。

つまりどういうことだよと言われれば

『執行猶予の付かない禁固以上の刑が確定した場合などに、被選挙権を失う』ということであり

国会法の109条より

各議院の議員が、法律に定めた被選の資格を失つたときは、退職者となる。

ようするに実刑が確定して被選挙権が喪失しない限りは議員は失職しないってわけです。

 

これらの法律があるのに

「無免許運転なんてけしからん、議員なんていますぐ辞めろ」と辞職強要するのは悪質なパワハラです。どれだけ気に食わなくても、まだ書類送検で止まってる時点で、辞職強要するのはおかしい。

そもそもニュースも、国民も『議員辞めろ』って同調圧力かけてるのがパワハラじゃなくて何なんだ

パワハラ上司なんて皆大嫌いでしょ、じゃあ何でそのパワハラ上司と同じことしてるんだよ、意味わからんわ、鏡で顔見ろ、パワハラ上司と同じ醜悪な顔してるぞ

 

そしてニュースにも書かれていますが

都議会で2度の辞職勧告決議を受けているにもかかわらず、議員活動を継続する意向を表明した。

はい、ここも意味不明です。 辞職勧告決議は『議会が特定公職者に対し「辞職を勧める」決議』であり、法的効力は一切ありません。

『会社に辞めろと言われたのに従わない、けしからん』ってことですよ、従わなくて何の問題があるんですか

日本人って、パワハラ叩く癖にパワハラ脳してる意味不明な生き物ですが、よくあるのが

お願いが勝手に強制になるところです。しかもお願いなのに従わないとキレはじめて罰則設けようとしたりしてきます、意味不明です、それを上層部側がやるならまだ解らなくもないですが、労働者側が「上層部様のお願いに従わない労働者を攻撃してやる」と攻撃してきます、労働者側が上層部の感情論に従っても何のメリットもないどころもデメリットしか無いのに

そらそんな行動する日本人が上司になったらパワハラして当然です。普段からパワハラしてるやつが上司になったからってパワハラ辞めれるわけがないし、やるに決まってる

 

この問題、国民側が動くなら

議員は実刑では無く、前科が付いた時点で失職するべき

これです、今の法律だと執行猶予が付いたら失職しません。前科がついてる犯罪者なのに、平然と議員をやれるのはおかしい。

まあこの条件になったとしても木下議員は書類送検なので、失職しませんけど、まだ書類送検の起訴か不起訴かわからない段階の犯罪者じゃないので当然です。

 

世の中からパワハラ無くそうとするなら、まずは自分のパワハラ脳辞めろ

『無免許運転』木下富美子都議への辞職強要とかいうパワハラ
スポンサーリンク
ニュース
ケチャップかみをフォローする
万人雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました