観光にぎわい部 紺綬褒章の推薦忘れ事件

大阪府枚方市は29日、団体役員を褒章の候補者として推薦するため寄付金の領収書の宛名を偽って作成したとして、観光にぎわい部の男性部長(58)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。

部長は「多額の寄付をしてくれる市民に感謝の意を表すため、不適正な事務処理をしてしまった」と話している。 市によると、昨年11月に市民の男性が代表理事を務める一般財団法人(大阪市北区)から2億円の寄付があり、財団宛ての領収書を発行。部長は私財を寄付した個人に授けられる紺綬褒章の候補者として男性を推薦するため「財団が領収書を紛失した」と偽り、部下に男性宛ての領収書を作成させた。

市は領収書の控えを添えて男性を推薦する書類を国に提出したが、市内部のチェックで不正が判明。今年6月に推薦を取り下げ、財団に謝罪した。市は平成29年にこの男性から1億円などの寄付を受けていたが、紺綬褒章の推薦を失念していたという。

褒章推薦のため文書偽造 「寄付くれるから…」 大阪・枚方市(産経新聞) - Yahoo!ニュース
大阪府枚方市は29日、団体役員を褒章の候補者として推薦するため寄付金の領収書の宛名を偽って作成したとして、観光にぎわい部の男性部長(58)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。部長は「多額の寄

 

こういう「なんでそんな事したんだよ」系の謎ニュース。

パッと見『全然パワハラなんて関係無いやんけ!』と思われるだろうが、よくよく考えてみて欲しい。

観光にぎわい部の男性部長(58)

この立場の人間が、わざわざ単独で不正するメリットってあると思いますか?

で、このニュースには最後にこんな一文もあるんですよ

> この男性から1億円などの寄付を受けていたが、紺綬褒章の推薦を失念していたという。

 

これ、この時の失敗隠すための生贄役でしょ、 観光にぎわい部なんてよくわからない部の部長なんて、力持ってるとは思えないし「ごめん、この前の推薦忘れてたから、辻褄合わせといて」みたいな指示が上から来た奴でしょ

1億とか2億とかポンポン寄付できる90代のお爺さんとか、どう考えても権力凄そうな人だし、その爺さんに「なんで1億の寄付で紺綬褒章が貰えないんじゃ」ぶちぎれられたこの部長の上役が、調べたら推薦忘れてたことに気がついて…みたいな感じだったのではなかろうか

私からしたら、そんな紺綬褒章なんて貰っても…って感じだけど

老人は名誉欲が凄い奴が多い、貰うために寄付したのに貰えなかったらそらもうげきおこになっても仕方がないよ

 

よって私はこの事件を上の人間の指示に流されるしかなかったパワハラ事件と判断した。

なお完全な妄想である。

スポンサーリンク
ニュース
ケチャップかみをフォローする
万人雑記

コメント

タイトルとURLをコピーしました